経済指標とは何か?どこで見られるか?

経済指標とは何か?どこで見られるか?

為替レートはなぜ動くのか。通貨の為替レートも商品と同じで、需要と供給の関係で決まります。単純にいえば人気がある通貨は高くなり、人気がなくなると下がります。この人気を左右する大きな要因は各国の経済状況です。ですから外国為替取引をする場合、各国の経済状況をよく知り将来の動向を予測して、投資の方向性を決めることが大切です。投資家が必ず覚えなければいけない知識です。

 

それでは、日本をはじめ世界各国の経済状況を把握するにはどうしたらよいのでしょうか。自分で調査するのは、時間的にも経済的にもとても無理です。かといって新聞やテレビ、インターネットのニュースをチェックするだけでは、経済状況の詳細はなかなか見えてきません。自宅にいなからにして各国の経済状況をある程度把握する方法のひとつは[経済指標]を見ることです。客観的な数値で経済状況を把握できるのが経済指標のメリット。経済状況を左右する物価、景気、雇用、金利などさまざまな要因を数値化することによって、現在の状況や、過去からの推移、変化を見ることができるのです。

 

主要な経済指標は政府や省庁などの公的な機関で作成されているために、調査に偏りが少なく、経済の実体を反映していることも、指標を参考にしたい理由のひとつです。もちろん、どんな調査でも誤差はつきものですが調査対象や質問が偏った恣意的な調査ではないことは、信頼性を高めるといえるでしょう。

経済指標はなるべく公表と同時にチェックする

こうした指標に注目している人が多ければ、それだけ指標が為替レートに与える影響も大きくなります。逆に外国為替取引をしている人たちに注目されていない指標が公表されても、為替レートに大きな変化を与えることは少ないともいえます。

 

実は経済指標はひとつの国でいくつも存在し、日本や米国において数多く公表されています。これら全てに目を通していたのでは、毎日指標ばかり見て暮らすようになりかねません。ですから市場が注目し、為替レートに与える影響が大きい指標を選び、優先的に見ていくのが良いでしょう。

 

まず、指標からウォッチし始めてみましょう。経済指標がいつ、どのように公表されるのかは指標によって違います。定期的に出されるもの、毎年同じ時期に出されるものなど規則性があるものが多いので確認しておきましょう。自分が見ておきたい指標については、その指標を公表している機関のウェブサイトか、指標の内容を正確に伝える専門的なウェブサイトなどで確認しましょう。

 

経済指標が公表された当日や翌日に、新聞やテレビ、インターネットニュースなどで「今回の指標の結果や要約」を報道することもあります。しかし、これらの情報は概要を伝えているだけであり、また公表から時間がたっている場合には、為替市場ではすでに織り込み済みということも少なくおりません。それでは経済指標を有効に活用しているとはいえません。ですから、自分が注目している経済指標については「いつ、どこが、どんな形で」公表するかを調べて、その公表元に直接見に行くことをお勧めします。

 

経済指標の構成